プロフィール

N.Kinugawa

Author:N.Kinugawa
(株)富岡産業の社長兼、情報仕入れ担当の衣川です。
毎年の全社員の目標は
「仕事と家庭の両立」

みんなで良いパパになろうぜ!
ガンバロ~!(・・)ノ オー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/01/29 (Mon) 12:22
海外情報仕入通信

小正月休みを利用して、三カ国(韓国、ベトナム、カンボジア)の様子をお伺いして参りました。
20年ぶりに見たソウルの街は、東京と同じ雰囲気。
ベトナムは、地面からバイクが果てしなく湧き出てくる感じ。国民性も良く、パワーがあり5年10年後は想像以上に発展してくると肌で感じました。ベトナム企業の株は、今が買いだね!
カンボジアといえばアンコールワット、歳をとってから行く場所と思っていたが、今の年代で行ってよかったと痛感しました。ひと言で言えば、さすが世界遺産!スケールの大きさ、人間の能力の偉大さを実感。

今年はチャレンジすることが多く、年明けからバタバタしており、ようやく平成19年第1回目の更新でした。何人かの方からご心配の電話頂戴しました、今後は週に一回(少ない!?)は更新したいと思いますのでまた時々遊びに来てください。


DSC00396.jpg

地面から湧き出るようなバイク





スポンサーサイト

<< 強烈な夜間勉強会 | ホーム | ISO取得にむけて >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


アンコール・ワットについて-魅惑の世界遺産

アンコール・ワットアンコール・ワット(Angkor Wat)はカンボジアのシェムリアップ近郊にあるアンコール遺跡の中で最も代表的な石造建築のヒンドゥー教寺院遺跡。アンコール遺跡の1つとして世界遺産に登録されている。12世紀前半に、アンコール王朝の王、スーリヤヴァルマン2


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。